研究テーマ Research topics

建設材料システム研究室では,私たちの生活・経済活動を支えるインフラを構成する材料の一つであるコンクリートを主な研究対象としています。安全で耐久性に富み,自然環境と調和したコンクリート構造物を建設するため,材料の耐久性の評価やリサイクル方法について研究しています。また,これまでに建設された既存の構造物を長寿命化させるため,構造物の健全度を診断する技術などに関する研究テーマについて取り組んでいます。

 

コンクリート構造物の維持管理・診断

コンクリート構造物の劣化メカニズムの解明や,診断方法,補修方法に関するなどに関する研究を行っています。特に,アルカリシリカ反応(ASR)の判定方法や抑制方法,塩害を防止するための新しい混和材料の開発,鉄筋の腐食を抑制するための防食工法などに関する研究に力を入れています。

 

コンクリートの微細構造の評価

コンクリート中に存在する,マイクロメートル・ナノメートルの空隙量や空隙の分布,空隙に含まれる溶液の分析を通して,コンクリートの強度や耐久性を評価する方法に関する研究を行っています。

 

 

環境負荷低減型コンクリート・リサイクルコンクリート

循環型社会の構築に向け,再生骨材(コンクリート廃材を破砕・分級して得られる骨材),スラグ骨材,高炉スラグ微粉末,フライアッシュを用いたコンクリートに関する研究を行っています。また,最近では,セメントを用いない建設材料として注目されている,ジオポリマーに関する研究も行っています。

 

コンクリート構造物の品質確保・品質向上

長寿命なコンクリート構造物を建設するための施工方法や,維持管理を見据えた設計・施工のあり方,コンクリート構造物の表層品質評価などに関する研究を行っています。